カナダ語学留学の基礎・留学費用・語学学校選び

Facebook Twitter

自分を成長させる場所カナダ語学留学

カナダってどんな国?

カナダは国土が世界で2番目に広い広大な国で、日本の27倍の大きさを誇ります。カナダ西部にあるバンクーバーや、カナダの東部にあるトロントは特に有名で語学留学先としても人気の街になります。先進国の中でも治安が良く、都市生活が充実しているうえ自然が豊富なので初めての海外留学でも安心して暮らせる生活環境が整っています。

また、カナダは世界中から移民を積極的に受け入れており、多様なバックグラウンドをもつ人々が平和に暮らしています。先進国のなかでも男女平等の精神が根付いた人道的な国として知られており、女性の社会進出やLGBTへの理解が非常に進んでいる国です。

カナダの語学留学とは?

カナダ語学留学の基本情報

カナダの語学留学とはバンクーバーやトロント、カルガリーやビクトリアなどの各都市にある語学学校に通い英語を学んだり、ビジネス英語・幼児教育・ケンブリッジ英検・IELTS・TOEFLなど資格の取得も目指すことができる留学スタイルです。留学期間は1カ月程度の短期留学から1年以上の長期留学もあり、大学生の休学留学でもよく利用される留学スタイルです。

語学学校によっては、ESLコース(一般英語)からスタートしカナダの大学・カレッジ・専門学校に進学できるプランや、現地の大学・カレッジでカナダ人生徒と同じ授業をうけられる聴講プログラムなどもあります。

カナダで学べる言語は?

カナダの公用語は英語とフランス語になるため、両方の言語を流暢に話すカナダ人も実はたくさんいます。カナダ国内の多くのエリアで第一言語として使用されているのは英語ですが、カナダ東部のケベック州ではフランス語が第一言語として使用されています。

英語を学ぶためにカナダに留学するのであれば、ブリティッシュコロンビア州やオンタリオ州、アルバータ州などがおススメです。一方、フランス語を学ぶために語学留学をするのであれば「カナダで最もかわいい街」と言われるケベック州のモントリオールがおススメです。

カナダの語学留学が人気の理由

1:治安がよくて住みやすい

「世界で最も住みやすい都市」の調査でバンクーバーは過去に5度、世界1位に選出されており、トロントやカルガリーもトップ10の常連になるほどカナダは住みやすい国として世界的に認知されています。またライフクオリティの高い国=世界1位、教育の質が高い国=世界3位、女性が暮らしやすい国=世界3位に選ばれており、安心してカナダでの留学生活をおくることができます。

バンクーバーやトロント、ビクトリア、カルガリーなどの都市部は生活インフラがとても充実していますが、近くには自然も豊富にあるのでゆったり快適に過ごすことができます。隣国アメリカのような銃社会ではなく、福祉制度も充実しており治安の良いのも大きな特徴の一つです。

2:英語の発音が世界でいちばん綺麗

カナダ英語は世界で最も綺麗な英語として知られており、訛りのないスタンダードな英語を身に着けたい方に非常に人気です。発音が綺麗なので聞き取りもしやすく、リスニングに自信がない日本人でも無理なく留学をスタートすることが出来ます。主な英語圏の留学先としては、カナダ・アメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドがありますが将来、英語を使ってお仕事をしたい方や綺麗な英語を習得したい方にはおすすめです。

3:多様性

カナダは多国籍国家のため様々なバックグラウンドをもつ人々が生活をしています。特にバンクーバーやトロントの都市部は非常にマルチカルチャーで英語だけでなく様々な言語が話されています。カナダはお互いの文化や習慣を尊重しあいながら仲良く生活をしていることから「人種のモザイク」とも呼ばれており、これからの時代に必要になってくる「違いを知り認め合う」という感覚を身に着けるにも非常に良い国です。

またカナダでは政策の一環として移民の受け入れも積極的に行っているため、海外から英語を学びにくる留学生にも慣れている方が多く、日本人留学生にとっても生活のしやすい国です。

4:留学の選択肢が充実している

世界の先進国のなかでも教育水準が高いとされるカナダでは留学プログラムも充実しており、各留学生の目的/目標を実現するための様々なコースが用意されています。英語を学ぶための短期~長期の語学留学は勿論、様々な資格コース(IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検/ビジネス英語/TESOL等)も提供されており、留学生がカナダでキャリア形成やキャリアアップをできるよう語学学校から専門学校・カレッジ・大学へ進学ができるようにもなっています。

また、ケベック州の第一言語はフランス語になるためフランス語圏で英語・フランス語を学ぶこともできます。特に同州にあるモントリオールはカナダで最もオシャレな街としても知られており、ヨーロッパの文化を感じながら生活できるのも魅力の一つです。

5:物価

主な英語圏の留学先(カナダ・アメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド)の中でカナダの物価はイギリス・オーストラリアに次いで3番目になります。治安も良く生活や教育の水準は高いですが、物価は真ん中くらいとバランスが取れています。

カナダ語学留学のデメリット

1:日本人が多い

留学先としての条件が非常に整っているカナダには世界中から留学生が集まってきます。特に生活がしやすく語学学校も集中しているバンクーバーやトロントは日本人留学生にも人気の街になっており、1=バンクーバー、2=トロントの順で数が多いです。また、バンクーバーとトロントの両都市にキャンパスをもつ語学学校も多いですが、全体的にトロント校の方が日本人留学生の数は少ないです。(語学学校選びは街にいる日本人数で選ぶより、日々通うことになる語学学校の日本人率に注意をするほうが失敗する確率は低くなります。)

日本人留学生が少ない街に留学したい場合は、ブリティッシュコロンビア州の田舎エリアやアルバータ州のカルガリー、マニトバ州のウィニペグ、ノバスコシア州のハリファックスなどがおすすめです。ただし、留学生数が少なく語学学校の選択肢も非常に少ないので、この点は留学先を考える上で大切なポイントになります。

2:気候

世界第2位の国土(日本の約27倍)をもつカナダにも日本と同じように四季があります。ベストシーズンは夏季になり特に7月~9月中旬は晴れの日が多く、湿度が低いのでとても過ごしやすく世界中からも観光客が集まります。

カナダの冬の気候は、内陸部にいくほど厳しくなります。例えば、アルバータ州やサスカチュワン州、マニトバ州、オンタリオ州では冬場氷点下になるのは普通のことで、寒波が来ると気温が-20℃を下回ることもあります。ただ、セントラルヒーティングがあるので建物の中やホームステイ先の屋内は温かいです。

気候が安定していて過ごしやすいエリアに留学をしたい場合は、バンクーバーやビクトリアのあるカナダの西海岸がおすすめです。夏の気候が良いのは言うまでもなく、冬場も東京や大阪と同じような服装で過ごすことができます。ただ10月頃から雨季に入るため、雨の日は多くなります。

3:バスや電車の時間がアバウト

カナダのバスや電車は日本の交通機関ほど正確ではありません。バス停で何分も待たされたり、逆に時間通りにバス停に到着したら乗車予定のバスが既に発車していた、なんてことも留学生がカナダで経験することの一つです。そのため、カナダで生活をしていると「日本のバスや電車がどれほど正確か」ということに気付かされます。バスや電車の時間がアバウトなのは、おおらかな国民性の裏返しでもあるので、留学経験の一つとして慣れておくと人に対しても寛容になれます。

カナダの語学留学で人気の都市は?

カナダの語学留学で人気の都市は?

語学留学やワーホリ留学で人気の都市はバンクーバートロントになります。以下は人気の理由になりますので参考にしてみてください。

  • 優良語学学校が多く、学校やプログラムの選択肢が非常に豊富
  • 治安が良く初めての留学でも生活がしやすい
  • 綺麗な自然も近くにあり都市生活と自然の両方を満喫できる
  • 多民族国家のため様々な文化・習慣を持つ人々と交流できる
  • お仕事の数が多い(ワーホリ留学の方)
  • 日本からの直行便がある

逆にバンクーバーやトロント以外の都市を留学先として選択する方の特徴としては以下が挙げられます。

  • 語学学校の選択肢は限られても日本人の少ないエリアに留学したい
  • 移民の少ないエリアに留学したい
  • カナダの小都市や田舎で生活を体験したい

バンクーバーとトロントで迷うわれる方も多いですが、それぞれ特徴の異なる都市なので自分の目的や趣味、気候の好みなどで選択するのが良いです。

バランスの良いバンクーバー

バンクーバーの特徴は何といっても都市生活と自然のバランスが素晴らしい点です。また気候がカナダで最も安定しているのも人気の理由のひとつです。

バンクーバーは都市として生活インフラが充実しているのは勿論、バンクーバー市民の憩いの場であるイングリッシュベイというビーチや世界1位にも選ばれたスタンレーパークはダウタウンから徒歩で行けるほどの距離にあります。バンクーバーの北側にあるノースバンクーバーにはグラウスマウンテンやキャピラノの吊り橋、リンバレー(渓谷)などもありハイキングやトレッキング・川遊び・スキー・スノーボードなど1年を通してアウトドアスポーツを気軽に楽しむことができます。

またバンクーバーは映画や映像制作が盛んな街でもあり、市内外で映画やドラマの撮影を見かけることも珍しくありません。実はバンクーバーで撮影された世界的に有名な映画も多く、ロサンゼルスにあるハリウッドの北側にあるため「ノースハリウッド」と呼ばれています。

エンターテイメントが充実していて刺激的なトロント

トロントはカナダで最大のビジネスタウンになり、大都会という言葉がぴったりの街になります。夏は過ごしやすい気候ですが、冬場は氷点下になることも非常に多いエリアです。

バンクーバーよりもスポーツエンターテイメントが非常に充実しており規模も大きいのも特徴です。バンクーバーにはないプロのスポーツチーム(NBA=トロントラプターズ/メジャーリーグ=トロントブルージェイズ)などもありトロント市民にとても人気です。

また、アメリカやフランス語圏のケベック州に近く、様々なジャンルのアート(音楽/映画/演劇)が集まる場所でもあるので、刺激的な街で留学生活を送りながら、スポーツやアートも思い切り楽しみたい方にはおすすめです。

高層ビルが立ち並ぶトロントですが、トロント市内や近隣には緑が豊富なハイパークやクイーンズパーク、トロントアイランドなどがあり実は自然も豊富です。トロントアイランドは自然の中でのんびりと散歩やピクニックが出来るのは勿論、夜になればトロント市内の綺麗な夜景を対岸から見ることもできる観光スポットになっています。車で1.5時間程度走れば世界的に有名な観光地「ナイアガラの滝」を見ることもできます。

カナダにはバンクーバー・トロントの両方にキャンパスをもつ語学学校もありますが、学校内の日本人率は全体的にトロント校の方が低い傾向があるため、都市部で、尚且つ、日本人率が低い語学学校へ行きたいという理由でトロントを選ぶ方もいらっしゃいます。

カナダの語学留学の種類は?

カナダの語学留学の種類は?

カナダの語学留学のタイプは大きく分けて以下の2つに分類されます。お客様が希望する留学期間やカナダで就労をしたいかどうかにより適切な留学タイプも変わってきます。

  • 語学留学(長期留学・短期留学)
  • ワーキングホリデー留学

1:語学留学

カナダで英語の習得や資格の取得を目的とした留学になります。数週間の短期留学から1年以上の長期留学までご予算や留学可能な期間にあわせて就学期間をご選択いただけます。6カ月以上、カナダで就学を予定されている場合は学生ビザが必要になりますが、6ヶ月未満の留学の場合、パスポートがあればカナダでの就学と滞在が可能です。また、キャリア形成やキャリアアップを目指して、英語の勉強だけでなく専門知識の習得やインターンシップ(就労経験)をご希望の場合、語学学校と専門学校へのご留学を組み合わせて1年以上の長期の留学にすることも可能です。ただし、学生ビザで語学学校へ通う場合、カナダで就労することはできませんのでご注意ください(専門学校・ビジネスカレッジの場合はプログラム/期間により可)。

2:ワーキングホリデー留学

カナダでの1年間の就労+滞在、そして6カ月までの就学が認められるプログラムです。語学学校での英語の勉強をしてカナダで働いてみたい方におすすめのビザになります。カナダで就労ビザを取得することは非常に難しいですが、ワーホリビザであれば取得がしやすいのでとても便利なビザです。ただし、一生に一度しか利用することができず、年齢制限がございます(次項の表参照)。カナダのワーホリ留学については「カナダワーキングホリデー留学」のページをご覧ください。

カナダの語学留学で通える学校の種類

カナダの語学留学で通える学校の種類

カナダで英語を学ぶ場合、語学学校に通う方法とカレッジ/大学の付属英語コースに通う方法があります。それぞれプログラムの特徴や目的、授業時間が異なるので自分の目的にあっているかが大切な選択ポイントになります。

  語学学校 カレッジ/大学の付属学校
目的

英会話力を伸ばすことを目標として文法、リーディング、リスニング、ライティング、会話、語彙などを総合的に学ぶ。

学部入学に必要なアカデミックな英語力の習得、および授業スキル(リサーチ、ノートテイキング、討論)を身につける。

レベル数

6~17レベル

3~8レベル

授業時間

約25~28時間/週

約20~23時間/週

入学時期

月1~4回(学校による)

7~16週間に1回

資格コース

TOEFL/IELTS/TOEIC/ケンブリッジ英検/スピーキング集中コース/ビジネス/幼児英語など

なし

カナダの語学学校のメリットのまとめ

上記の通り語学学校の方が1週間当たりの授業時間が長く、英会話力の習得を目的としているので、留学目的が英会話力アップの場合は語学学校が適しています。語学の勉強だけでなく、将来の就職に役立つ資格を取得できる点も大きな違いです。また語学学校の場合、お申込み期間にあわせて授業料が割引されるシステムを採用しているので、リーズナブルな費用で長い時間しっかりと勉強したい方には語学学校がおすすめです。留学期間が限られる方にとっては、入学日が多く短期間でのお申込みが可能なのもメリットです。

カレッジ/大学の英語コースのメリットのまとめ

英会話力の向上よりもアカデミックな語学の勉強をしたいという方はカレッジ/大学の英語コースがおすすめです。カレッジや大学のキャンパス内にクラスがあるので、カナダのカレッジ/大学の雰囲気も味わうことができ、キャンパス内の施設を使用できるのもメリットです。ただ授業は留学生のみで行われるので、授業外の時間でカナダ人学生と友達になれるかは自分次第になります。

カナダの語学学校の違いと共通点

カナダの語学学校は大きく分けて大規模校と中規模校に分けられます。語学学校の違いや共通点を知ることで自分にあった学校選びがしやすくなります。

  大規模校 中規模校
クラスの人数

13名~15名

7~10名程度

レベル数

8~17レベル

6~12レベル

留学生の国籍分布

ヨーロッパ・南米・アジア・アフリカ・中東など世界各国から学びに来ており国籍のバラエティーは非常に豊富。

大規模校同様に各地域から留学生を受け入れているが、国籍のバラエティーはやや大規模校に劣る。

選択科目の数

多い

大規模校に比べるとやや少ない

1レベルの期間

4週間~8週間

4週間~8週間

カレッジ・大学の提携数

60校以上

15~30校

共通点

:街の中心部に立地

:日本人カウンセラーが常駐

:放課後や週末に有料/無料のアクティビティーあり

:レベルがあがればTOEFL/IELTS/TOEIC/ケンブリッジ英検/スピーキング集中コース/ビジネス英語/幼児英語などの受講も可能

:語学学校によってはビジネスカレッジを運営するところもあり、そのままステップアップして専門的な勉強ができる。

小都市や田舎の語学学校へ留学時の注意

小都市や田舎の語学学校の場合、クラスのレベル数や資格コースの数が大都市の学校に比べ少ない傾向があり、長期留学に向かないこともあります。語学学校の多くは4週間に一回レベルアップのチャンスがありますが、長期の留学をお考えの方がレベル数の少ない学校に入学すると、就学期間終了前に最高レベルまで到達してしまい、残りの期間はどのコースで学ぼうか?と頭を悩ませることになる場合があります。

勿論、語学学校が提供している資格コースに参加するのも一つの方法ですが、自分がやりたいコースがあるかは学校次第です。6カ月程度までの就学をご予定の場合は問題ありませんが、それ以上の就学期間をご検討の場合は、留学先選びの際の注意点として覚えておいてください。

カナダの語学学校の費用は?

語学学校の費用は、就学期間とホームステイ期間によって大きく異なります。また、語学学校によっても授業料やホームステイ費用は異なりますが、トロントやバンクーバー、ビクトリアなどにある各学校の費用の差はそれほど大きくはありません。逆にカナダの田舎部に行くと都市部に比べ授業料・ホームステイ費用は少し割安になります。以下はカナダの都市部にある語学学校のサンプル費用になりますので参考にしてみてください。

  3カ月 6カ月 12カ月
入学申請料 $150 $150 $150
授業料/フルタイム $4,320 $8,208 $15,552
ホームステイ手配料 $200 $200 $200
ホームステイ料 $2,880 $5,760 $11,520
マテリアル料 $180 $360 $720
空港送迎/片道 $100 $100 $100
保険 $252 $504 $1,008
合計 $8,082 $15,282 $29,250
円建て費用 \686,970 \1,298,970 \2,486,250

*ホームステイ料金は個室/3食付の料金になります。
*ホームステイはお好きな期間をお申込みいただけます(最長=語学学校就学期間)。
*上記はカナダドル表示になります。日本円費用はCAD1=85円で算出しています。
*語学学校により上記の学校・ホームステイ関連費用は異なります。

カナダの語学留学中の滞在方法は?

ホームステイ

カナダのご家庭で一緒に生活をする、語学留学では最もポピュラーな滞在方法になります。ホームステイの場合留学生には個室が与えられお食事もホストファミリーより提供されます。語学学校が手配を行うので学校が決定すれば、ホームステイの手配も一緒に申し込むことができます。ホームステイは就学期間と同じ期間申し込む必要はないので、例えば24週間の就学予定で8週間のみホームステイを申し込むこともできます。

また現地でホームステイの延長をすることも可能です。ただし、カナダでは「4weeks notice」というルールがあり、退去予定日の4週間以上前にホストファミリーと語学学校にその旨を伝えなければいけません。そのため、ホストファミリーのことが気に入り滞在を延長したい場合は余裕をもってホストファミリーと学校のカウンセラーさんに相談しましょう。

寮(レジデンス)

語学学校の中には寮を提供する学校もあります。寮には留学生のみが生活をしており、学校の友人と楽しく生活をすることができます。寮は一般的に個人スペースと共用スペースに分かれており、キッチンやバスルームが共有になります。ホームステイよりも自由度は少し高くなりますが、食事は自炊になるので、自炊をしない方は逆にホームステイの費用よりも割高になる場合もあります。寮も現地で滞在期間を延長することが可能ですが、特に春・夏は人気で空席がないことも多いので、早めに学校のカウンセラーさんに相談しましょう。

シェアハウス

ホームステイや寮を経験した後に、留学生が利用するのがシェアハウスになります。これはカナダ人や留学生とアパート/コンドで一緒に生活する滞在方法のことで、日本でいう同居のようなものになります。留学生はインターネットやSNS、現地の新聞などで情報収集を行い、直接、家主に連絡をとり部屋を見せてもらって入居するかを決定する、という流れになるので、ある程度の英語力があることが望ましいです。また、あくまでも個人間の契約になるので、諸条件や約束事などはしっかりと確認をしておくことが大切です。

*注意
基本的にホームステイや寮には語学学校での就学期間を越えて滞在することはできません。また、語学学校の入学予定日よりもかなり前にカナダに到着し、ホームステイや寮で滞在だけすることも原則、認められておりませんのでご注意ください。

カナダの語学留学で選べるビザは3種類

日本人留学生が利用できるカナダのビザは大きく分けて学生ビザ・ワーホリビザ・観光ビザの3種類になります。それぞれ特徴が異なるので留学期間やご予算、自分のやりたいこと、目的・目標にあうビザを選択することが大切です。

  特徴 就労
学生ビザ

:6カ月以上カナダで就学する場合に申請が必要

:学校の就学期間にあわせて数年間のビザ取得も可能

:6カ月未満の就学の場合は申請できない

:現地で学生ビザのビザ延長が可能

:何歳でも申請が可能

:不可

:カナダ移民局に認可されているカレッジ/大学/専門学校の学部コースに通う場合は可能(語学学校の就学中やカレッジ・大学の英語コース就学中は不可)

ワーホリビザ

:最長1年間のカナダ滞在/就労と6ヶ月間の就学ができる

:18歳~30歳までの間に1回のみ取得可

:ワーホリビザの延長は不可

:ワーホリビザの年間発行数が決まっている。

:最長1年間の就労が可能

観光ビザ

:6カ月未満のカナダ滞在と就学が可能。

:カナダで観光ビザの延長は原則不可。

:カナダでワーホリビザへの切り替えは可能。ワーホリビザ原本の受け取りはカナダ国外へ一度出る必要あり(例:アメリカの国境で受け取り)

:カナダで学生ビザへの切り替えは可能。ただし、カナダ国外(例:アメリカのカナダ移民局)へビザ申請するか日本へ一時帰国してから申請が必要。

:不可

語学留学の準備から出発までの流れ

  • ステップ1:入学したい語学学校の決定

    留学エージェントに相談しながら行きたい語学学校を決定します。

  • ステップ2:入学申請書類の準備

    語学学校の入学申請書類を準備します。
    FSS-Osakaのお客様の場合、申請書類は全て弊社で準備しお客様へお送りします。

  • ステップ3:請求書の発行と留学費用のお支払い

    FSS-Osakaにて代理申請開始後、1-3日程度で請求書が語学学校から届きます。
    請求書を受け取ったら語学学校から指定された方法で留学費用のお支払いを行います。

  • ステップ4:入学許可証の発行

    留学費用のお支払い完了後、語学学校より正式な入学許可書と領収書が発行されます。

  • ステップ5:学生ビザの申請

    カナダ移民局へ学生ビザの申請を行います。FSS-Osakaでは、カナダ政府公認のビザコンサルタントが専用ポータルにてオンライン申請を行います。

  • ステップ6:バイオメトリクス(指紋認証)の登録手続き

    東京と大阪にあるカナダ移民局の指定機関VFS Japanでバイオメトリクスの登録手続きを行います。登録手続き完了後、カナダ移民局で学生ビザの審査が進められます。

  • ステップ7:学生ビザの手続き完了

    カナダ移民局より学生ビザの「発行許可書」が発行されます。学生ビザの原本は、カナダ入国時の最初の入港地にある移民局(Immigration Office)で発行許可書を提示し受け取ります。

  • ステップ8:カナダに到着

    カナダ到着後は、ホームステイ/寮でゆっくりと過ごし、学校初日に開催される語学学校のオリエンテーションに参加します。オリエンテーションでは、ESLのレベル分けテストや学校の案内が行われます。

カナダ語学留学でよくある質問と回答

Q1年間の語学留学の予定ですがどのようなプランがおすすめですか?
A

お客様の英語レベルにもよりますが、折角1年間留学をされるのであれば一般英語コースだけで終えるのは勿体ないです。仮に現在の英語力がビギナーレベルとしても約6カ月後にはビジネスコースや英語の資格コース(IELTS/ケンブリッジ英検/TOEFL/TESOLなど)の受講も可能になってくるので、英語力アップや帰国後のお仕事探しのためにもこれらのコースにチャレンジしてみることをおすすめします。これはお客様のカナダ留学中のモチベーション維持にも役立ちますし、結果的に充実した留学生活を送っていただけます。

Q大規模校と中規模校のどちらが自分に合っているか分かりません
A

お客様の性格にもよりますが「クラスメイトが多いと少し緊張してしまう方」や「少人数制の学校をお探しの方」は中規模の語学学校がおススメです。逆にクラス内の人数が多くても気にならない方は大希望校も含めご検討いただくと良いです。ちなみにカナダの語学学校の大半は1クラスあたりの最大人数が15名になります。

Qカナダで就学期間を延長することはできますか?
A

はい、可能です。観光ビザ(パスポート)でカナダに滞在・就学ができるのは最長で6カ月までになります。もしトータルの就学期間が6カ月以上になる場合は、現地で学生ビザの申請が必要になります。6カ月以上の就学をご希望の場合は、学生ビザでの留学になります。学生ビザでご留学の場合、就学予定期間に1-2カ月の猶予をもって発行されますので、その期間内であれば就学期間の延長が可能です。その期間をこえて留学期間を延長する場合は学生ビザの延長手続きが必要になります。

Q語学留学とワーホリ留学で悩んでいますがどちらがいいですか?
A

お客様の「留学目的」を考え選択するのが良いです。ワーホリ留学のメリットは何といってもカナダで1年間の滞在/就労ができ6カ月間まで語学学校にも通えるという点ですので、この両方を経験したい方はワーホリビザでの留学が良いです。ただしカナダのワーホリビザは一生で1回しか利用できません。そのため、今回のカナダ留学の目的が「英語をしっかり学びたい」「帰国後の就職のためのスキルアップ」という場合は語学留学を選択するのが良いです。そうすることで、将来、ワーホリビザでカナダに戻りお仕事をしながら海外生活を楽しむという選択肢を残しておくことができます。ちなみにできる限り長くカナダに滞在したい場合は、学生ビザ(または観光ビザ)でカナダへ入国し、現地でワーホリビザの申請をすることもできます。

Q語学学校の申込はいつ頃までにすればよいですか?
A

学生ビザでの渡航者様、観光ビザでの渡航者様により異なります。学生ビザでの渡航者様の場合、カナダへの渡航前に学生ビザを取得しておかなければならないためご入学希望日の3-4カ月前まで(ケベック州は5-6カ月前)には入学申請をすることをおすすめします。観光ビザで渡航の場合は、遅くとももご入学希望日の1カ月以上前には入学申請をしましょう。

Qカナダ到着後ホームステイの延長はできますか?
A

はい、可能です。ホストファミリーとの相性はカナダで生活をしてみないと分からない部分もあります。そのため、語学学校のお申込み時にホームステイは少し短めに申し込んでおき、気に入ればカナダで延長すると良いです。ただし、延長を希望する場合は最低でも退去予定日の4週間以上前にホストファミリーと語学学校へ伝えるようにしましょう。

Qホームステイの変更はできますか?
A

はい、可能です。ホームステイ先の変更をご希望の場合は弊社現地スタッフか語学学校のカウンセラーへご相談ください。語学学校や変更を希望する理由によっては手数料がかかる場合がございます。

Q寮に滞在することはできますか?
A

カナダの語学学校の中には寮の手配が可能な学校もございますので、そのような学校を選べば問題ありません。ただし、各語学学校ともに寮は人気の滞在方法になり部屋数にも限りがあるため、お早めにお申込みをされることをおすすめします。

Q語学留学中の保険の手配は必要ですか?
A

カナダの語学学校就学中、留学生は保険の加入が必須になります。そのため日本の海外留学保険に加入するか語学学校が提供する保険に加入しましょう。語学学校の保険は医療保険になるため日本の海外留学保険に比べ補償範囲は限られますが費用が安いので留学費用を出来るだけ節約したい方におすすめです。逆に安心してカナダでの留学生活を送りたい方の場合、医療補償の他、死亡補償・傷害後遺症補償・生活動産補償(滞在先での物損)・携行品盗難補償などがついた日本の海外留学保険がおすすめです。弊社では留学で人気のジェイアイ保険の手配を行っています。

Qカナダで銀行口座の開設はできますか?
A

学生ビザでカナダ留学をされる方は現地で銀行口座の開設が可能です。銀行によっては日本人スタッフが勤務しているところもあり日本語で簡単に口座開設ができます。

Qカナダ留学中に使う携帯電話はどのように手配すればいいですか?
A

カナダ渡航前に日本で手配することもできますし、カナダ到着後に現地の携帯ショップで手配することもできます。FSS-Osakaではカナダの携帯ショップ「Phone Box」との提携によりカナダ留学前に携帯電話のプラン契約やSIMカードの購入ができるので、カナダ留学開始後すぐに携帯電話をご使用いただけます。

カナダの語学留学を成功させたお客様からの体験コメント

  • 出発前、ご相談させていただいたときにお答えいただいた内容が100%当たっている!と、現在カナダで過ごしながら実感しています。(早川成美様 /神奈川県)
  • FSS-Osaka様に感じているのは、会社の利益だけでなく留学希望者の事を第一に考える素晴らしい会社だということです。(芦田千佳様/兵庫県)
  • お陰様で最高のスタートが切れました!本当にこの会社に出会えて良かったです。(鈴木柾熙様/埼玉県)
  • 実績、現地サポートもあり、何より学校からの信頼が◎なので安心です。正直、1番最初に出会いたかったです(笑)。(高田啓介様/千葉県)
  • 自分に合った学校を選んでいただいたおかげで今とても充実した学校生活を送っています。(田地瑠美子様/東京都)
  • →FSS-Osakaの口コミ/評判

FSS-Osakaのカナダ語学留学が安心な理由

  • カナダ留学専門38年~/26,000人以上に選ばれた実績
  • カナダ留学の専門家によるご相談/学校紹介/学校手続き/現地サポートが完全無料
  • お申込み前の留学相談には何度でも無料で対応
  • カナダと日本にオフィス/留学中は日本人現地スタッフが日本語でサポート
  • カナダの提携教育機関数は国内最大級
  • 留学費用が100%明瞭で節約もできるお支払い方法
  • カナダの悪い点も正直にお伝え

詳しくは「8つの安心」へ

カナダの語学学校

ILAC/International Language Academy of Canada ILAC/International Language Academy of Canada
キャンパス バンクーバー、トロント
住所 *バンクーバー校
1199 W. Pender, Unit 100, Vancouver BC, Canada, V6E 2R1
*トロント校
920 Yonge St., 4th Floor, Toronto ON, Canada, M4W 3C7
学校の規模 大規模校
国籍割合 *バンクーバー校
:アジア38%
:南米39%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ23%
*トロント校
:アジア29%
:南米39%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ32%
日本人率 *バンクーバー校
:18%
*トロント校
:15%
レベル数 17レベル
滞在方法 ホームステイ・レジデンス(寮)
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月2回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検/ビジネス英語/大学進学コース/GAP Year
授業料 *Power Englishコース/8:30~15:15(金曜日は13:30まで)
:4週間=$1,476(\125,460)
:8週間=$2,952(\250,920)
:12週間=$4,320(\367,200)
:16週間=$5,760(\489,600)
:20週間=$7,200(\612,000)
:24週間=$8,208(\697,680)
:48週間=$15,552(\1,321,920)
*Intensive Englishコース/8:30~13:30
:4週間=$1,296(\110,160)
:8週間=$2,592(\220,320)
:12週間=$3,732(\317,220)
:16週間=$4,976(\422,960)
:20週間=$6,220(\528,700)
:24週間=$7,032(\597,720)
:48週間=$13,200(\1,122,000)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$200(\17,000)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$960(\81,600)
*夏季(6~8月)=$1,060(\90,100)
:寮手配料=$195(\16,675)
:寮費/4週間=$1,260~(\107,100/寮タイプに異なる)
:空港送迎/片道=$110(\9,350)/往復=$220(\18,700)
:教科書・マテリアル/4週間=$60(\5,100)
:保険/4週間=$84(\7,140)
留学カウンセラーより 北米の優良語学学校を選ぶ大会で何度も受賞歴のある学校です。プログラムや講師の質、留学生の国籍の豊富さはカナダでのトップレベルになりフレンドリーな環境でしっかりと英語を学んでいただけます。人気の学校で生徒数も多いためバンクーバー・トロントの中心部に複数のキャンパスを持っています。ESLのコースは17レベルまで細かく分けられているため、同じレベル内で生徒の英語力に差ができないよう工夫されています。カナダのカレッジや大学進学の準備コースも非常に人気で、専任のカウンセラーが進路相談にも対応しており、入学時の英語力が低くても着実にステップアップして海外進学を実現いただけます。
詳細 ILACのHP
学校動画 ILACの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

ILSC ILSC
キャンパス バンクーバー、トロント、モントリオール
住所 *バンクーバー校
555 Richards, Vancouver, BC, V6B 2Z5 Canada
*トロント校
443 University Avenue, 3rd Floor, Toronto, ON, M5G 2H6 Canada
*モントリオール校
410 Rue St-Nicolas, Suite 300, Montreal, QC, H2Y 2P5 Canada
学校規模 大規模校
国籍割合 *バンクーバー校
:アジア60%
:南米30%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ10%
*トロント校
:アジア45%
:南米35%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ20%
*モントリオール校
:アジア25%
:南米60%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ15%
日本人率 *バンクーバー校
:18%
*トロント校
13%
*モントリオール校
8%
レベル数 10レベル
滞在方法 ホームステイ
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/TOEIC/ケンブリッジ英検/ビジネス英語/大学進学コース/ジュニアコース
授業料(一般英語コース) *Full Time Intensiveコース/9:00~16:00(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,660(\141,100)
:8週間=$3,320(\282,200)
:12週間=$4,680(\397,800)
:16週間=$6,240(\530,400)
:20週間=$7,800(\663,000)
:24週間=$9,000(\765,000)
:48週間=$18,000(\1,530,000)
*FullTimeコース/9:00~14:30(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,420(\120,700)
:8週間=$2,840(\241,400)
:12週間=$4,080(\346,800)
:16週間=$5,440(\462,400)
:20週間=$6,800(\578,000)
:24週間=$7,800(\663,000)
:48週間=$15,600(\1,326,000)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)/ハイシーズン=$200(\17,000)
:ホームステイ手配料=$230(\19,550)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$980(\83,300)/ハイシーズン=$1,008(\85,680)
:寮手配料=$230(\19,550)
:寮費/4週間(シングル)=$1,120~(\95,200~)
:空港送迎/片道=$110(\9,350)/往復=$200(\17,000)
:教科書・マテリアル/4週間=$80(\6,800)
:保険/4週間N/A
留学カウンセラーより バンクーバー、トロント、モントリオールの中心部にキャンパスを持つ人気の大規模校になります。世界中から留学生の集まる学校で明るい環境を提供しており、カナダの優良語学学校としても多数の受賞歴を誇ります。ILSCの大きな特徴の一つとなっているのが選択科目の豊富さで、広告・マーケティング・ホスピタリティ・ヨガ・コメディーなどのトピックを通じて英語を学んでいただけます。この数はカナダの語学学校のなかでも断トツで4週間ごとに選択科目の変更が可能なので様々な角度から英語を学ぶことができます。第一言語がフランス語になるモントリオール校ではフランス語のコースも提供されています。
詳細 ILSCのHP
学校動画 ILSCの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

Global Village Global Village
キャンパス ビクトリア
住所 1290 Broad Street Victoria BC CANADA
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア59%
:南米25%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ16%
日本人率 25%
レベル数 8レベル
滞在方法 ホームステイ・レジデンス(寮)・アパート
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/ケンブリッジ英検/ビジネス英語/大学進学コース/サマーティーンコース(夏・短期)
授業料(一般英語コース) *General English30レッスン/8:45~15:30(金曜日は12:20まで)
:4週間=$1,600(\136,000)
:8週間=$3,200(\272,000)
:12週間=$4,560(\387,600)
:16週間=$6,080(\516,800)
:20週間=$7,600(\646,000)
:24週間=$8,640(\734,400)
:48週間=$16,320(\1,387,200)
*General English25レッスン/8:45~14:10(金曜日は12:20まで)
:4週間=$1,500(\127,500)
:8週間=$3,000(\255,000)
:12週間=$4,260(\362,100)
:16週間=$5,680(\482,800)
:20週間=$7,100(\603,500)
:24週間=$8,160(\693,600)
:48週間=$15,600(\1,326,000)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$250(\21,250)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$900(\ 76,500)
:寮手配料=$250(\21,250)
:寮費/4週間=$952~(\80,920~)
:空港送迎/片道=$100(\8,500)/往復=$175(\14,875)
:教科書・マテリアル/4週間=$40(\3,400)
:保険/4週間N/A
留学カウンセラーより Global Villageはブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアの中心部にある中規模語学学校です。カナダの語学学校の中でも歴史ある学校の一つで長きにわたり世界中からの留学生の受け入れを行っています。活気ある元気な雰囲気の学校で国際色も豊かです。一般英語コースやスピーキング集中コース・ビジネス・大学進学コース・高校入学準備コースだけでなくヨガやファームステイなどユニークなコースも提供しています。
詳細 Global VillageのHP
学校動画 Global Villageの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

SGIC/St George International College SGIC/St George International College
キャンパス バンクーバー、トロント
住所 *バンクーバー校
605 Robson St, Vancouver, BC, V6B5J3, Canada
*トロント校
150 Dundas St W #200, Toronto, ON, M5G1C6, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 *バンクーバー校
:アジア50%
:南米45%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ5%
*トロント校
:アジア35%
:南米45%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ20%
日本人率 *バンクーバー校
15%
*トロント校
8%
レベル数 7レベル
滞在方法 ホームステイ
日本人スタッフ あり
学校スタート日 毎月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/スピーキング強化コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース/幼児英語
授業料(一般英語コース) *XFull Time Englishコース
(9:00~14:45+15:00~17:10で週5回マンツーマンレッスン))
:4週間=$2,040(\173,400)
:8週間=$4,080(\346,800)
:12週間=$6,000(\510,000)
:16週間=$7,840(\666,400)
:20週間=$9,800(\833,000)
:24週間=$11,520(\979,200)
:48週間=$22,560(\1,917,600)
*Full Time Intensiveコース/9:00~14:45
:4週間=$1,620(\137,700)
:8週間=$3,240(\275,400)
:12週間=$4,740(\402,900)
:16週間=$6,160(\523,600)
:20週間=$7,700(\654,500)
:24週間=$9,000(\765,000)
:48週間=$17,520(\1,489,200)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$150(\12,750)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$960(\81,600)
:空港送迎/片道=$100(\8,500)/往復=$200(\17,000)
:教科書・マテリアル/4週間=$60(\5,100)for Fulltime intensive/$70(\5,950)for X intensive
:保険/4週間=$47.6(\4,046)
留学カウンセラーより バンクーバー・トロントの市街地にキャンパスをもつ中規模の語学学校です。英語の基礎から会話力まで総合的な勉強ができる学校で、生徒満足度も高い学校です。2018年にはトロントのベストスクールの一つにも選ばれており、スピーキング集中コースも人気です。週に2日は放課後に無料の英会話レッスンが提供されており、トロント校では隔週で地元のカナダ人との交流会も開催されています。また、日本人率が低い学校になるので、日本人が少ない学校でしっかりと勉強したいというお客様にもおすすめです。
詳細 SGICのHP
学校動画 SGICの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

VGC International College VGC International College
キャンパス バンクーバー校
住所 411 W Hastings St, Vancouver, BC, V6B1L4, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア40%
:南米40%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ20%
日本人率 18%
レベル数 8レベル
滞在方法 ホームステイ
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月2回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/大学進学コース/サマーキャンプ(高校準備プログラム)
授業料(一般英語コース) *Core Plusコース/8:45~15:25(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,520(\129,200)
:8週間=$2,960(\251,600)
:12週間=$4,440(\377,400)
:16週間=$6,080(\516,800)
:20週間=$7,600(\646,000)
:24週間=$8,640(\734,400)
:48週間=$16,320(\1,387,200)
*Core Classコース/8:45~13:50(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,360(\115,600)
:8週間=$2,640(\224,400)
:12週間=$3,960(\336,600)
:16週間=$5,440(\462,400)
:20週間=$6,800(\578,000)
:24週間=$7,680(\652,800)
:48週間$14,400=(\1,224,000)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$200(\17,000)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$980(\83,300)
:空港送迎/片道=$120(\10,200)/往復=$220(\18,700)
:教科書・マテリアル/4週間=$40(\3,400)
:保険/4週間=$60(\5,100)
留学カウンセラーより バンクーバーの中心部にキャンパスをもつ語学学校です。質の高い講師を揃え生徒の英語力向上に力を入れている学校で、IELTSの試験対策のプログラムでも高い評価を受けています。放課後にはStudy Labと呼ばれる時間が設けられ、授業内での疑問点の解消や宿題のサポート、履歴書の書き方チェックなども行われており、卒業生からの評判も良い学校です。欠席や遅刻が増えると厳しく注意を受ける反面、毎月開催されるパフォーマンスイベントは世界各国からの生徒に人気です。毎年、着実に成長を遂げている語学学校で近年、ビジネスカレッジも開校しています。
詳細 VGC International CollegeのHP
学校動画 VGC International Collegeの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

ELS Language Centers ELS Language Centers
キャンパス バンクーバー校、トロント校
住所 *バンクーバー校
549 Howe St, Vancouver, BC, V6C2C2, Canada
*トロント校
36 Victoria St, Toronto, ON, M5C1H3, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 *バンクーバー校
:アジア37%
:南米48%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ15%
*トロント校
:アジア27%
:南米40%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ33%
日本人率 *バンクーバー校
20%
*トロント校
17%
レベル数 12レベル
滞在方法 ホームステイ
日本人スタッフ あり(バンクーバー校のみ)
学校スタート日 月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ビジネス英語コース/大学進学コース/エグゼクティブ英語コース/マンツーマン英語コース
授業料(一般英語コース) *アカデミック英語(EAP)コース/9:00~16:00(金曜日は12:50まで)
:4週間=$1,590(\135,150)
:8週間=$3,180(\270,300)
:12週間=$4,532(\385,220)
:16週間=$5,724(\486,540)
:20週間=$7,155(\608,175)
:24週間=$8,109(\689,265)
:48週間=N/A
*一般英語コース/9:00~16:00(金曜日は12:50まで)
:4週間=$1,550(\131,750)
:8週間=$3,100(\263,500)
:12週間=$4,418(\375,530)
:16週間=$5,580(\474,300)
:20週間=$6,975(\592,875)
:24週間=$7,905(\671,925)
:48週間=N/A
その他の費用 :申請料=$125(\10,625)
:ホームステイ手配料=$240(\20,400)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$895(\76,075)
:空港送迎/片道=$115(\9,775)/往復=$200(\17,000)
:教科書・マテリアル/4週間=$50(\4,250)
:保険/4週間=$56(\4,760)
留学カウンセラーより バンクーバーのビジネス街にキャンパスをもつ中規模校です。周辺にはショッピングセンターやカフェ、レストランも多くスカイトレインの駅も近いです。他の学校に比べ読み書きの学習にも力を入れているので、英語を基礎から学びたいビギナーの方は勿論、ビジネスで英語を使いたい方や進学目的の方にも人気です。カレッジ・大学進学コースでも昔から定評のある語学学校になり、向上心の高い生徒さんが多いです。真面目な雰囲気の学校なので、自分のペースを守りながらでしっかりと英語に取り組みたいという方におすすめです。
詳細 ELSのHP
学校動画 ELSの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

Quest Language Studies Quest Language Studies
キャンパス トロント
住所 433 Yonge St, Toronto, ON, M5B1T3, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア48%
:南米40%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ他12%
日本人率 20%
レベル数 11レベル
滞在方法 ホームステイ・レジデンス(寮)
日本人スタッフ あり
学校スタート日 毎週月曜日
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検/英会話集中コース/TESOL/大学進学コース/マンツーマン英会話コース
授業料(一般英語コース) *Core English32/8:40~15:50
:4週間=$1,660(\141,100)
:8週間=$3,240(\275,400)
:12週間=$4,860(\413,100)
:16週間=$6,320(\537,200)
:20週間=$7,900(\671,500)
:24週間=$9,240(\785,400)
:48週間=$18,480(\1,570,800)
*Core English28/8:40~14:50
:4週間=$1,520(\129,200)
:8週間=$2,960(\251,600)
:12週間=$4,440(\377,400)
:16週間=$5,760(\489,600)
:20週間=$7,200(\612,000)
:24週間=$8,400(\714,000)
:48週間=$16,800(\1,428,000)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$200(\17,000)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$960(\81,600)
:空港送迎/片道=$120(\10,200) /往復=$180(\15,300)
:教科書・マテリアル/4週間=$100(\8,500)
:保険/4週間=$56(\4,760)
留学カウンセラーより カナダで有名なトロント大学やライアソン大学の近くにキャンパスをもつ語学学校です。フレンドリーでアットホームな雰囲気の学校で卒業生の満足度も高い学校です。講師の質を維持するためにセッションごとに生徒からアンケートを取り先生の評価を行っています。授業では独自開発の教材を使用し、放課後には無料の会話レッスン(水曜日)やサポートレッスン(金曜日)を行ったり、カナダ人との交流の場を設けたりと留学生には嬉しいサポートを提供しています。スピーキング強化のためのFocus on Communicationコースもこの学校の人気プログラムです。
詳細 QuestのHP
学校動画 Questの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

CCEL/Canadian College of English Language CCEL/Canadian College of English Language
キャンパス バンクーバー
住所 1050 Alberni St #450, Vancouver, BC, V6E1A3, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア48%
:南米25%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ27%
日本人率 20%
レベル数 7レベル
滞在方法 ホームステイ・レジデンス(寮)
日本人スタッフ あり
学校スタート日 毎週月曜日
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース
授業料(一般英語コース) *Full-Time Intensiveコース/8:30~16:10
:4週間=$1,600(\136,000)
:8週間=$3,200(\272,000)
:12週間=$4,560(\387,600)
:16週間=$6,080(\516,800)
:20週間=$7,600(\646,000)
:24週間=$8,640(\734,400)
:48週間=$17,280(\1,468,800)
*Full-Timeコース/8:30~14:20
:4週間=$1,400(\119,000)
:8週間=$2,800(\238,000)
:12週間=$3,960(\336,600)
:16週間=$5,280(\448,800)
:20週間=$6,600(\561,000)
:24週間=$7,440(\632,400)
:48週間=$14,880(\1,264,800)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$230(\19,550)
:ホームステイ料/4週間/2食個室=$880(\74,800)
:寮手配料=$230(\19,550)
:寮費(シングル/バス+キッチンシェア/4週間=$1,150(\97,750)
:空港送迎/片道=$110(\9,350)/往復=$160(\13,600)
:教科書・マテリアル/4週間=$40(\3,400)
:保険/4週間=$75(\6,375)
留学カウンセラーより バンクーバーで30年近い歴史をもつ語学学校です。バンクーバーの中心部にあるバラード駅近くにキャンパスがあり、通学や放課後のお出かけにも便利です。英語の基礎から会話まで総合的に学べる学校で、早くからIT技術も授業に導入し学校外でも生徒が英語の勉強をできるようオンライン教材も提供しています。学校近くに寮もあり世界中からの留学生に人気です。同じ建物の中にビジネスカレッジも併設しており、長期留学で英語+ビジネス・ホスピタリティ・貿易などを学びインターンシップをすることも可能です。
詳細 CCELのHP
学校動画 CCELの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

LAB/Language Across Borders LAB/Language Across Borders
キャンパス バンクーバー、モントリオール
住所 *バンクーバー校
2665 Renfrew Str I Vancouver ,Canada, V5M 0A7
*モントリオール校
2000, Sainte-Catherine Street West, Suite 1300, Montréal, Québec Canada, H3H 2T2
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア52%
:南米31%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ17%
日本人率 20%
レベル数 12レベル
滞在方法 ホームステイ・寮
日本人スタッフ あり
学校スタート日 毎週月曜日
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/会話集中コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース
授業料(一般英語コース) *Full-Timeコース/9:00~16:00
:4週間=$1,520(\129,200)
:8週間=$2,960(\251,600)
:12週間=$4,140(\351,900)
:16週間=$5,280(\448,800)
:20週間=$6,400(\544,000)
:24週間=$7,440(\632,400)
:48週間=$14,640(\1,244,400)
(金曜日は全日アクティビティor選択科目になります)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$250(\21,250)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$940(\ 79,900)
:空港送迎/片道=$120(\10,200)
:教科書(マテリアル)=授業料に含む
留学カウンセラーより 語学学校として25年以上の歴史をもち(旧CSLI)、これまでに世界100ヵ国以上からの留学生の受け入れ実績を誇ります。バンクーバーとモントリオールにキャンパスがあり、アットホームな雰囲気と豊富なアクティビティが特徴の学校です。そのため初めての留学で心配な方でも楽しく英語を学べる環境になっています。また、ファインアート系の私立カレッジとして有名なラサールカレッジの附属校にもなっており、LABから同カレッジへの進学も可能です。
詳細 LABのHP
学校動画 LABの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

OHC/Oxford House College OHC/Oxford House College
キャンパス バンクーバー、トロント、カルガリー
住所 *バンクーバー校
322 Water St, Vancouver, BC, V6B1B6, Canada
*トロント校
469 Jarvis St, Toronto, ON, M4Y2G8, Canada
*カルガリー校
1212 1st Street SE, Unit 116, Calgary, AB, T2G2H8, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 *バンクーバー校
:アジア35%
:南米30%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ35%
*トロント校
:アジア37%
:南米30%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ33%
*カルガリー校
:アジア50%
:南米30%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ20%
日本人率 *バンクーバー校
:20%
*トロント校
:25%
*カルガリー校
:25%
レベル数 7レベル
滞在方法 ホームステイ・寮
日本人スタッフ あり(トロント校のみ)
学校スタート日 毎週月曜日
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース
授業料(一般英語コース) *Intensive English/9:00~15:20
:4週間=$1,520(\129,200)
:8週間=$2,880(\244,800)
:12週間=$4,320(\367,200)
:16週間=$5,440(\462,400)
:20週間=$6,800(\578,000)
:24週間=$7,920(\673,200)
:48週間=$15,360(\1,305,600)
*General English Plus/9:00~14:20
:4週間=$1,440(\122,400)
:8週間=$2,720(\231,200)
:12週間=$4,080(\346,800)
:16週間=$5,120(\435,200)
:20週間=$6,400(\544,000)
:24週間=$7,440(\632,400)
:48週間=$14,400(\1,224,000)
その他の費用 :申請料=$140(\11,900)
:ホームステイ手配料=$245(\20,825)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$1,020(\86,700)
:寮/食事なし/バスキッチン共用/4週間=$1,100(\93,500)
:空港送迎/片道=$130(\11,050)/往復=$230(\19,550)
:教科書・マテリアル/4週間=$50(\4,250)
留学カウンセラーより イギリスのロンドンを本拠にしカナダ、アメリカ、オーストラリアにキャンパスをもつグループ学校です。アットホームで居心地の良い環境を提供しており、生徒が少しでも多く発言できるよう授業は会話重視で行われています。イギリスが本拠の学校のため、ヨーロッパからの留学生も比較的多いです。3キャンパス共にお洒落な造りになっており、学校が運営するシェアハウス(寮)も提供しています。アクティビティも充実しており、バンクーバー・トロント・カルガリー校の間で転校をすることも可能です。
詳細 OHCのHP
学校動画 OHCの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

BLI Language Schools BLI Language Schools
キャンパス モントリオール
住所 70 Rue Notre-Dame Ouest #400, Montreal, QC, H2Y1S6, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア17%
:南米37%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ41%
:カナダ5%
日本人率 7%
レベル数 12レベル
滞在方法 ホームステイ・寮・アパート
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語・フランス語・ビジネス・ケンブリッジ英検・ILELTS・TOEFL小学校~高校プログラム・マンツーマンコース
授業料(一般英語コース) *Super Intensiveコース/9:00~16:05(金曜日は14:00まで)
:4週間=$1,740(\147,900)
:8週間=$3,480(\295,800)
:12週間=$4,980(\423,300)
:16週間=$6,640(\564,400)
:20週間=$8,300(\705,500)
:24週間=$9,840(\836,400)
:48週間=$19,440(\1,652,400)
*Intensiveコース/9:00~15:15(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,540(\130,900)
:8週間=$3,080(\261,800)
:12週間=$4,380(\372,300)
:16週間=$5,840(\496,400)
:20週間=$7,300(\620,500)
:24週間=$8,520(\724,200)
:48週間=$16,560(\1,407,600)
*Full-timeコース/9:00~14:00(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,240(\105,400)
:8週間=$2,480(\210,800)
:12週間=$3,600(\306,000)
:16週間=$4,800(\408,000)
:20週間=$6,000(\510,000)
:24週間=$7,080(\601,800)
:48週間=$13,920(\1,183,200)
その他の費用 :申請料=$150(\12,750)
:ホームステイ手配料=$200(\17,000)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$940(\79,900)
:寮手配料=$200(\17,000)
:寮費/個室/食事なし/4週間=$1,350(\114,750)
:空港送迎/片道=$120(\10,200)/往復=$180(\15,300)
:教科書・マテリアル/4週間=$50(\4,250)
:保険/4週間=$70(\5,950)
留学カウンセラーより 1976年にて設立されカナダの学校業界で40年以上の実績を誇ります。モントリオールの旧市街地にあり、ダウンタウンにも近く、駅までのアクセスも良いので生活がしやすいエリアです。フランス語圏のため英語とフランス語の2言語のプログラムを提供しており、英語を学びに来るカナダ人生徒がいるのも特徴です。少人数制のクラス編成でアットホームな雰囲気なので先生との距離も近く、自然に英語の会話量も増えていきます。2018年にはモントリオールのBest Schoolにも選出されています。ケベックにもキャンパスがあり英語・フランス語のコースを提供しています。
詳細 BLIのHP
学校動画 BLIの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

ECLC/East Coast Language College ECLC/East Coast Language College
キャンパス ハリファックス
住所 1256 Barrington St, Halifax, NS, B3J1Y6, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア51%
:南米28%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ21%
日本人率 7%
レベル数 7レベル
滞在方法 ホームステイ
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース
授業料(一般英語コース) *English For Communication/8:45~15:30(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,200(\102,000)
:8週間=$2,400(\204,000)
:12週間=$3,600(\306,000)
:16週間=$4,800(\408,000)
:20週間=$6,000(\510,000)
:24週間=$7,200(\612,000)
:48週間=$14,400(\1,224,000)
その他の費用 :申請料=$160(\13,600)
:ホームステイ手配料=$285(\24,225)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$800(\ 68,000)
:空港送迎/片道=ホームステイ手配料に含む
:教科書・マテリアル/4週間=$120(\10,200)~$180(\15,300)
*レベルにより異なる。
留学カウンセラーより ノバスコシア州の州都ハリファックスの中心部にある語学学校です。北大西洋に面するハーバータウンで、日本人やアジア人の少ないエリアでもあります。英語の基礎から会話まで総合的な勉強ができる学校でクラス編成も1クラス10名程度になります。生徒満足度の高い学校で2018年ハリファックスのConsumer Choice Awardにも選ばれています。
詳細 ECLCのHP
学校動画 ECLCの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

Camber College Camber College
キャンパス パウエルリバー
住所 4750 Joyce Ave #204, Powell River, BC, V8A2C3, Canada
学校の規模 中規模校
国籍割合 :アジア65%
:南米25%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ10%
日本人率 15%
レベル数 4レベル
滞在方法 ホームステイ
日本人スタッフ あり
学校スタート日 月1回
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース
授業料(一般英語コース) *Full-Timeプログラム/9:00~15:00
:4週間=$1,400(\119,000)
:8週間=$2,800(\238,000)
:12週間=$4,020(\341,700)
:16週間=$5,360(\455,600)
:20週間=$6,700(\569,500)
:24週間=$7,560(\642,600)
:48週間=$14,160(\1,203,600)
その他の費用 :申請料=$135(\11,475)
:ホームステイ手配料=$195(\16,575)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$780(\66,300)
:空港送迎=無料
:教科書・マテリアル/4週間=$48(\4,080)
留学カウンセラーより バンクーバー空港より国内線で25分程度のパウエルリバーという町にある語学学校です。海に面した自然豊かな環境でゆったりとした空気が流れており、現地に住む日本人の数も非常に少ないです。自然が豊富なだけあって、アクティビティの数もカヤック、シュノーケリング、カヌー、ロッククライミング、クリフジャンプ、スノボなど多岐にわたります。学校のレベル数が少ないので長期留学には不向きですが、1シーズン存分にアクティビティを楽しみながら英語を学ぶには良い環境です。
詳細 Camber CollegeのHP
学校動画 Camber Collegeの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

Heartland International Language School Heartland International Language School
キャンパス ウィニペグ
住所 *ウィニペグ校
280 William Ave, Winnipeg, MB R3B 0R1, Canada
*ミシサガ校
#200 1300 Central Parkway W,Mississauga, ON, Canada L5C4G8
学校の規模 中規模校
国籍割合 *ウィニペグ校
:アジア46%
:南米38%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ16%
*ミシサガ校
:アジア26%
:南米40%
:ヨーロッパ/中東/アフリカ34%
日本人率 *ウィニペグ校
5%
*ミシサガ校
4%
レベル数 4レベル
滞在方法 ホームステイ・寮
日本人スタッフ なし
学校スタート日 毎週月曜日
アクティビティ あり
コース 一般英語コース/IELTS/TOEFL/ケンブリッジ英検コース/ビジネス英語/大学進学コース
授業料(一般英語コース) *Super Intensiveコース/9:00~17:15(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,480(\125,800)
:8週間=$2,960(\251,600)
:12週間=$4,440(\377,400)
:16週間=$5,920(\503,200)
:20週間=$7,400(\629,000)
:24週間=$8,880(\754,800)
:48週間=$17,280(\1,468,800)
*Intensive Englishコース/9:00~15:00(金曜日は午前のみ)
:4週間=$1,180(\100,300)
:8週間=$2,360(\200,600)
:12週間=$3,540(\300,900)
:16週間=$4,720(\401,200)
:20週間=$5,900(\501,500)
:24週間=$7,080(\601,800)
:48週間=$13,680(\1,162,800)
その他の費用 :申請料=$100(\8,500)
:ホームステイ手配料= $200(\17,000)
:ホームステイ料/4週間/3食個室=$780(\66,300)
:寮手配料=$200(\17,000)
:寮費/4週間=$682(\57,970)
:空港送迎=無料(滞在先を学校にお申込みの場合)
:教科書・マテリアル/4週間=$60(\5,100)
留学カウンセラーより マニトバ州の州都ウィニペグで唯一の語学学校です。街自体に日本人が非常に少ない環境で学校内の日本人数も同じく少ないです。少人数制の学校で先生のケアも行き届きやすく、すぐに仲良くなれてしまうというのも強みの一つです。授業は午前中は英語の基礎について学び、午後はそれぞれのトピックについて集中的に勉強します。近くのカレッジの学生寮での滞在も可能で、カレッジの施設も利用できます。レベル数が限られるので長期留学には不向きですが、日本人がとにかく少ない環境をお望みの方にはおすすめです。また、トロント郊外のミシサガにもキャンパスがあります。
詳細 HeartlandのHP
学校動画 Heartlandの動画

カナダ留学の専門家に無料相談

ページの先頭へ戻る

カナダ留学に関するご質問など、何でもお気軽にご相談ください。:Webからのお問い合せ・ご相談