カナダのパスウェイ留学について

Facebook Twitter

パスウェイ(Pathway)について

パスウェイとはカナダの語学学校が提供する大学進学準備コースのことで、英語力に関係なく誰でも入学ができ、語学学校が定める英語レベルに達したらIELTSやTOEFLがなくてもカナダの大学やカレッジに進学することができるシステムになります。

  • 一般英語コース
  • パスウェイ(語学力の高い人はここから)
  • 大学/カレッジ入学

カナダでパスウェイを利用する留学生の数は年間数千名以上と言われており、カナダで大学/カレッジ進学を目指す世界各国からの留学生に利用されているプログラムになります。また、FSS-Osakaではパスウェイ留学のご入学手続きから現地サポートまで完全無料で承っています。

パスウェイ留学のメリットとデメリット

メリット

1:英語力がなくても参加できる

パスウェイはカナダの語学学校が提供しているプログラムになるため英語力に関係なく誰でも参加できるのが特徴です。語学学校の初日に英語のレベル分けテストが行われるので、翌日から自分の英語力にあったクラスで無理なく留学を開始いただけます。生徒の英語力により最初は一般英語コースからのスタートになる場合もあれば、ご入学時からパスウェイコースでスタートになる場合もあります。

2:IELTS/TOEFLのスコア不要

パスウェイコース自体が大学/カレッジの進学準備コースになっているため、通常の入学時に必要となるIELTS/TOEFLなどの英語資格が必要ありません。語学学校が定めた英語レベルに到達すれば、これらの英語資格がなくても提携先の大学やカレッジに進学できる仕組みになっています。

3:カナダでの進学先はパスウェイ受講中に決められる

パスウェイを利用する場合、カナダ渡航前に進学先の大学/カレッジを決めておく必要はありません。語学学校には大学進学コース専任のカウンセラーがおり、留学生一人一人の希望にあう学校やプログラムを紹介してくれるためです。また同カウンセラーのサポートのもと大学/カレッジへの入学申請の手続きを進めることがでるので安心です。

大学やカレッジの英語コースから進学を目指す場合、日本にいる間に将来の進学先まで決めて入学申請をしなければなりませんが、パスウェイコース受講者の場合はカナダでプロのアドバイスを仰ぎながら進学先を検討できるうえ、学校を訪問し雰囲気を見てから最終的に学校を選ぶことも出来ます。これは進学先選びで失敗しないための大きなポイントになります。

4:大学やカレッジで必要な英語以外のスキルも習得

パスウェイの場合、カナダでの留学生活を通じて英会話力を高めることができるのは勿論、アカデミックなライティングスキルも習得できるので、大学/カレッジへ入学後もスムーズに授業についていくことができます。

また大学やカレッジ進学後に必要とされるディスカッション・プレゼンテーション・ノートテイキング・エッセイの書き方・リサーチなどのスキルも身に付けることができます。これらの点は日本でIELTS/TOEFLのスコアを取得してから留学する方法(直接入学/Direct Admission)との大きな違いになります。

5:大学/カレッジの英語コースより授業時間が長く費用が安い

カナダの大学/カレッジが提供する英語コースの授業時間は週20~23時間b>なのに対し、語学学校のパスウェイの授業時間は週25~28時間程度になります。

授業料に目を向けると大学/カレッジの英語コースの8週間あたりの授業料は約3,200~3,300(1週間あたり約$400~$412)ですが、語学学校のパスウェイの8週間当たりの授業料は約$3,000~$3,100(1週間あたり約$375~$387)と語学学校でパスウェイを利用するほうが割安になります。しかも語学学校の場合、お申込み期間が長くなるほど授業料が安くなる料金システムを採用していますが、大学やカレッジの英語コースのではそのようなシステムはありません。

個人差はありますが、一般的に大学やカレッジ入学までの英語の準備期間は8~12カ月になるため、語学学校のパスウェイを利用した場合の方が授業時間が長くしっかりと英語の準備ができるうえ留学費用が安くなるということになります。

デメリット

カナダでトップレベルの実績を誇るトロント大学・UBC・サイモンフレイザー大学などの有名大学はパスウェイの対象外になります。そのため、パスウェイプログラム修了後、これらの大学へ直接入学をすることはできません。

ただ、パスウェイを利用してカナダのカレッジに進学後、University Transfer(大学編入システム)を利用してこれらの有名大学へ入学するという方法があるので、自分自身の留学プラン・受講したいプログラム・留学にかかる費用を検討しながら最終的な結論を出すのが良いです。

パスウェイの入学申請に必要なもの

パスウェイをご利用の場合、最初の入学申請先は語学学校になるため準備する書類は語学学校の申請書のみになり非常にシンプルです。入学申請後は1-2日で請求書が届くので、その後の留学準備もスピーディーにすすめることができます。

パスウェイコースの受講者はカナダ留学中に進学先を決定し入学申請を行うことになるので、その際に必要となる「高校/大学の英文成績証明書」や「英文卒業証明書」はカナダへの渡航前に用意をしておいたほうが良いです。

パスウェイの受講期間を知る方法

パスウェイ留学をお考えのお客様より「大学やカレッジへ進学するのにどれくらいの期間が必要ですか?」というご質問をよくいただきます。パスウェイコースの適切な受講期間を知りたい場合、語学学校の「無料オンラインテスト」を利用するのが最も早くて確実な方法になります。オンラインテストは各語学学校が提供しており以下のことがすぐに分かるので、カナダ留学の準備を効率的に進めていただけます。

  • 1:現在の英語力レベルが語学学校のどのレベルに該当するか
  • 2:大学/カレッジ進学までにおおよそどれくらいの期間が必要か
  • 3:大学/カレッジ進学までにかかる留学費用

まずはどの語学学校でオンラインテストを受講するかを決める必要がありますが、FSS-Osakaではカナダ留学の専門カウンセラーがお客様のご希望をしっかりとヒアリングし、その上でおススメの学校をご案内しています。正式なお申し込み前のオンラインテストの手配も無料で承っていますのでお気軽にご相談ください。

パスウェイの概算費用

  6カ月 8カ月 10カ月 12カ月
申請料 $160 $160 $160 $160
授業料 $8,424 $11,232 $13,680 $15,984
滞在先手配料 $210 $210 $210 $210
ホームステイ料
(3食個室)
$5,880 $7,840 $9,800 $11,760
教科書代 $240 $480 $600 $720
医療保険 $504 $672 $840 $1,008
空港送迎 $110 $110 $110 $110
合計 $15,528 $20,704 $25,400 $29,952

*語学学校により夏季のホームステイ費用は若干値上がりします。

パスウェイ留学までの準備ステップ

  • パスウェイ留学を希望する語学学校の決定
  • 希望する語学学校の無料オンラインテストを受講
    *FSS-Osakaではお申込前のオンラインテストの手配も無料でご提供
  • パスウェイの受講期間と留学費用を確認
  • お申込み
  • 留学費用のお支払い
  • 学生ビザの申請
  • 学生ビザ取得+留学準備
  • カナダへ渡航

パスウェイから大学・カレッジへの進学ステップ

  • 語学学校の一般英語コースに入学
  • パスウェイコースに参加
    *ご入学時の英語力が高い方はここからスタート
  • パスウェイ受講中に進学先を決定
    *進学先はパスウェイの専任カウンセラーと相談しながら決定
  • パスウェイの専任カウンセラーのサポートのもと大学/カレッジへ入学申請
  • カナダでの進学先決定
  • 大学/カレッジへの入学手続き
  • 授業料のお支払い
  • 学生ビザの申請
  • カナダの大学/カレッジに入学

パスウェイ留学までの準備期間について

パスウェイ留学の場合、多くの方は6カ月以上の就学期間が必要になるため、学生ビザの審査期間まで考慮して留学プランを立てる必要があります。そのため、語学学校の入学申請日から学生ビザの取得まで5-6カ月程度はみておくと余裕をもって留学準備をしていただけます。

カナダへの渡航予定日から逆算して3カ月程度でも留学の準備をすることは可能ですが、カナダ移民局での学生ビザの審査が予定よりも長くなってしまった場合、カナダへの出発日が近づいてきたのに学生ビザが取れていない、という状況にもなりかねません。そうなった場合、予約した航空券や入学日の変更なども検討しなければならないので、できる限り時間に余裕をもって準備するようにしましょう。

また渡航まで短い時間の中で留学準備をする場合、学生ビザが取得できたことを確認してから航空券を予約するか、渡航日の変更が可能なフライトを予約するほうが安心です。

パスウェイ受講者の声

  • パスウェイコースの講師からは英語のみならずカレッジでの留意点やコネクションの作り方なども教えていただきました。
  • 3ヵ月のあいだに2人の先生に教わりましたが、どちらの先生も本当に我慢強くて、常にクラスの生徒ひとりひとりを気にかけていました。細かい質問や様々な問題に対して、いつも助けてくれました。本当に感謝しています!先生から多くのスキルを学べ、また将来に向けこれから自分が何をもっと伸ばしていけばいいのか知ることが出来ました。
  • パスウェイコースは難しくチャレンジでしたが本当に受講して良かったです。パスウェイではカナダのカレッジで必要な基礎となるライティングススキルを上げることを目指しています。パスウェイでの3ヵ月を通して自分の英語力がすごく伸びたのを感じますし次のステップへ行けたと思います。
  • みんな仲が良く分からないことがあったらお互い自然に助け合う雰囲気がありました。すごく居心地が良かったです。楽しくもあり、みんな真剣に取り組んでいるのでメリハリのあるクラスでした。
  • パスウェイの先生の質の高さは教える情熱からきているのだと思います。ひとりひとりの英語の癖を把握していて、それに合わせてコメントをくれます。また分からないことがあったら分かるまで説明してくれます。成績だけではなく、その過程や努力なども見ていてくれているのでモチベーションの維持に繋がります。

パスウェイ留学でよくある質問と回答

Q語学学校はどのような基準で選べばよいでしょうか?

語学学校が提携している大学やカレッジの数は一つの基準になります。カナダ国内の多くの大学/カレッジと提携しているということはお客様の進学先の選択肢が増えるということになりますので大切なポイントです。

Q何カ月パスウェイを受講すれば希望のカレッジに進学できますか?

語学学校では無料のオンラインテストを提供しています。オンラインテストを受講いただくと現在の英語レベルやパスウェイ修了までの期間、必要な留学費用が分かります。
FSS-Osakaでは、お申込み前のオンラインテストの手配を無料で承っていますのでお気軽にご相談ください。

Q将来カナダのカレッジで専攻したい分野が決まっていないですが大丈夫でしょうか?

はい大丈夫です。その場合Arts & Scienceのようなリベラルアート系のプログラムを選択すると色々な分野のコースを学びながら将来やりたいことを見つけることができます。カレッジ卒業後はカナダの大学へ編入することもできますし、Post Graduate Work Permit(就労ビザ)を取得して最長3年間までカナダで働くこともできます。

Qパスウェイ受講中にアルバイトはできますか?

語学学校でパスウェイプログラムを受講中にアルバイトをすることはできません。カナダの大学やカレッジの学部入学後であれば、学期中に週20時間までのアルバイトが認められています(夏休みなどの長期休暇中はフルタイムでのアルバイト可)。

Qパスウェイで順調にレベルアップできなかった場合、延長はできますか?

はい、語学学校で就学期間の延長をいただけます。また学生ビザの有効期限をこえる延長の場合、カナダ国内で学生ビザの延長申請を行うこともできます。

パスウェイにおすすめの語学学校

ILAC

キャンパス バンクーバー/トロント
学校規模 大規模校(1クラス平均12〜15人)
入学日 毎月2回
レベル数 17レベル(1レベル4週間)
日本人率 バンクーバー校/18% トロント校/15%
カレッジ/大学提携数 70校以上
特徴 北米の優良語学学校として何度も表彰されるカナダの語学学校です。講師やプログラムの質も高く、国籍の豊富さはカナダでもトップクラスです。生徒が適切なクラスで学べるよう17レベル設定されており、また生徒をサポートする日本人のカウンセラーも常駐しています。大学準備プログラムを修了すると、なんと70以上のカレッジ・大学の中から希望にあう学校をお選びいただけます。
パスウェイ受講者の声 ●行きたいカレッジとILACが提携しており、大学進学コースが充実しているのでILACを選びました。パワーポイントを使ったプレゼンテーションやリサーチペーパーの作り方なども学べ、カレッジや大学の情報や様子を教えてくれたので助かりました。日本人がほぼ私以外いなかったので、英語環境だったこともよかったです。(T.Sさん)

●Pre-Degree(大学進学準備コースの名称)の先生はどの先生もカナダのカレッジについて知識豊富で、カレッジに入った後困らないようカレッジの授業に見合ったレベルの高い授業をしてくれます。ILACはハイレベルな先生と授業が提供されている数少ない学校の一つだと思います。(K.Iさん)

●ILACを選んだ一番の理由は多くのカレッジと提携していることでした。 ILACのPre-Degreeコースを修了するとカレッジへの進学許可が貰えるため、英語を勉強しつつ進学への準備も行えるのは効率がよいと考えました。またカレッジへの手続き、重要事項の連絡などはすべてPathwayを通したので、自分ひとりで行うよりも混乱なくスムーズに行えたのではないかと思います。(T.Kさん)
詳細 ILACの学校情報

専門家に無料相談

ILSC

キャンパス バンクーバー/トロント
学校サイズ 大規模校(1クラス平均12~15人)
入学日 毎月
レベル数 10レベル(1レベル4~8週間)
日本人率 バンクーバー校/15% トロント校/12%
カレッジ/大学提携数 70校以上
特徴 カレッジ・大学の提携校数が、カナダの語学学校では上記のILACと並んで最大級になり、豊富な選択肢の中から自分の進学先を選べるようになっています。また日本人のスタッフやカレッジ・大学進学の専任カウンセラーもいるため、安心して進路の相談ができます。一般英語コースではカナダ最大級となる豊富な選択科目や資格コースが提供されており、語学コースの受講期間中もあきずに楽しく英語の勉強をすることができます。
パスウェイ受講者の声 ●ILSCは生涯忘れることのできない私のキャリアの出発地点です。ILSCのスタッフは、まるで家族のように温かく私の大学進学をサポートしてくれました。同校での経験を通じて、私はチャレンジすることの大切さを学びました。(Yさん)

●ILSCでは、カレッジで必要とされるセミナーやプレゼンテーション、リサーチスキルまでしっかりと学ぶことが出来ました。大学進学コースの先生は私の英語の誤りも丁寧に直してくれ本当に助かりました。現在はカナダのカレッジでホスピタリティーマネジメントを学んでおり、将来はカナダの大学へ編入予定です。(Hさん)
詳細 ILSCの学校情報

専門家に無料相談

ELS

キャンパス バンクーバー/トロント
学校サイズ 中規模校(1クラス平均10人前後)
入学日 毎月1回
レベル数 12レベル(1レベル4週間)
日本人率 バンクーバー校/13% トロント校/10%
カレッジ/大学提携数 23校(カナダ国内の進学先)
特徴 カナダのバンクーバー・トロントにキャンパスをもつ中規模の語学学校です。大学進学準備プログラムに力を入れており、カナダでカレッジ・大学進学を目指す留学生がたくさん学んでいます。カレッジ・大学入学後に必要となる読み書きの勉強にも非常に力を入れており、大学進学準備プログラムを修了すると23校の提携カレッジ・大学から進学先を選ぶことができ、その中にはカナダでも有名なUBC(オカナガンキャンパス)も含まれています。バンクーバー校では日本人カウンセラーが常駐し進学アドバイスやカレッジ・大学への申請サポートも行っています。
パスウェイ受講者の声 ●ELSでは、カレッジや大学で必要とされるアカデミックなリーディングやライティングを学ぶことができます。特にエッセイの書き方や英文の速読の具体的な方法などは非常に役に立ちました。また、進学の際の手続きなどもしっかりとサポートしてもらえたのは本当に良かったです。カレッジ進学の手続きはややこしいところもあり、学校のサポートがなければ失敗していたかも知れません。

●英語の基礎力からリーディング、ライティングまで非常に濃い勉強をすることができました。今では、カレッジで他の生徒や教授と話をするのも非常に楽になりました。また、ELSのカウンセラーさんは進学の際の申請書の書き方から、私の将来に合う学部のアドバイスなどもしてくださり本当に助かりました。
詳細 ELSの学校情報

専門家に無料相談

SGIC

キャンパス バンクーバー/トロント
学校規模 中規模校
入学日 毎月
レベル数 7レベル
日本人率 バンクーバー校/15% トロント校/12%
カレッジ/大学提携数 38校
パスウェイ受講者の声 ●エッセイの書き方について詳しく深いところまで学ぶことが出来ました。カレッジに行ったら様々なフォーマットでエッセイを書かなければいけません。SGICではカナダで主流なMLAとAPAの2つのフォーマットを徹底的に学びました。アカデミックスタイルのエッセイは私が想像していた以上に大変でかなりのチャレンジでしたが、何回も何回も書くことで自分のものにできたと思います。ARGUMENTエッセイやCAUSE-AND-EFFECTエッセイなど色々なエッセイに対応できるようになり、カレッジに行く準備ができつつあります。また多くのプレゼンテーションをクラスでやってきたので、人前でプレゼンをする勇気も身に付きました。

●SGICに決めた理由は、立地が良かったこと、教育の質が良いことに対してリーズナブルだったと、またスタッフの皆さんがすごく暖かく迎えてくれて優しかったので決めました。パートナーシップのカレッジ数も多いのでSGICのUCPPを通して様々なチャンスがあります。

●SGICではカレッジ進学を目指した学生向けに"UCPP保証プログラム"という制度があり、ESLの低いレベルから始まってもUCPPまで行けるので選びました。
詳細 SGICの学校情報

専門家に無料相談

VGC

キャンパス バンクーバー
学校規模 中規模校
入学日 月2回
レベル数 8レベル
日本人率 18%
カレッジ/大学提携数 17校
パスウェイ受講者の声 ●Pathwayのコーディネーターの方がとても良い人ですごく親身に話を聞いてくれてとてもありがたかった。進学に関し色々な提案をしてくれてウェブサイトも一緒に見て相談にのってくれた 。(K.Mさん)

●VGCでパスウェイを受講し素晴らしい時間を過ごすことができました。この学校での経験は第二言語として英語やライティングを学ぶ以上のものです。またパスウェイプログラムは進学後のアカデミックな学習環境の準備に最適です。このプログラムを心からおすすめします。(D.Pさん)

●パスウェイでは大変でしたが自分の英語レベルを最大限引き上げてくれました。今は英語にも自信を持つことができ大学進学の準備も出来たと感じています。今後は自分の目標に向かって頑張っていきます(L.Sさん)。
詳細 VGCの学校情報

専門家に無料相談

ILAC ILAC
キャンパス バンクーバー/トロント
学校規模 大規模校(1クラス平均12〜15人)
入学日 毎月2回
レベル数 17レベル(1レベル4週間)
日本人率 バンクーバー校/18% トロント校/15%
カレッジ/
大学提携数
70校以上
特徴 北米の優良語学学校として何度も表彰されるカナダの語学学校です。講師やプログラムの質も高く、国籍の豊富さはカナダでもトップクラスです。生徒が適切なクラスで学べるよう17レベル設定されており、また生徒をサポートする日本人のカウンセラーも常駐しています。大学準備プログラムを修了すると、なんと70以上のカレッジ・大学の中から希望にあう学校をお選びいただけます。
パスウェイ受講者の声 ●行きたいカレッジとILACが提携しており、大学進学コースが充実しているのでILACを選びました。パワーポイントを使ったプレゼンテーションやリサーチペーパーの作り方なども学べ、カレッジや大学の情報や様子を教えてくれたので助かりました。日本人がほぼ私以外いなかったので、英語環境だったこともよかったです。(T.Sさん)

●Pre-Degree(大学進学準備コースの名称)の先生はどの先生もカナダのカレッジについて知識豊富で、カレッジに入った後困らないようカレッジの授業に見合ったレベル高い授業してくれます。ILACはハイレベルな先生と授業が提供されている数少ない学校の一つだと思います。(K.Iさん)

●ILACを選んだ一番の理由は多くのカレッジと提携していることでした。 ILACのPre-Degreeコースを修了するとカレッジへの進学許可が貰えるため、英語を勉強しつつ進学への準備も行えるのは効率がよいと考えました。またカレッジへの手続き、重要事項の連絡などはすべてPathwayを通したので、自分ひとりで行うよりも混乱なくスムーズに行えたのではないかと思います。(T.Kさん)
詳細 ILACの学校情報

ILSC ILSC
キャンパス バンクーバー/トロント
学校サイズ 大規模校(1クラス平均12~15人)
入学日 毎月
レベル数 10レベル(1レベル4~8週間)
日本人率 バンクーバー校/15% トロント校/12%
カレッジ/
大学提携数
70校以上
特徴 カレッジ・大学の提携校数が、カナダの語学学校では上記のILACと並んで最大級になり、豊富な選択肢の中から自分の進学先を選べるようになっています。また日本人のスタッフやカレッジ・大学進学の専任カウンセラーもいるため、安心して進路の相談ができます。一般英語コースではカナダ最大級となる豊富な選択科目や資格コースが提供されており、語学コースの受講期間中もあきずに楽しく英語の勉強をすることができます。
パスウェイ受講者の声 ●ILSCは生涯忘れることのできない私のキャリアの出発地点です。ILSCのスタッフは、まるで家族のように温かく私の大学進学をサポートしてくれました。同校での経験を通じて、私はチャレンジすることの大切さを学びました。(Yさん)

●ILSCでは、カレッジで必要とされるセミナーやプレゼンテーション、リサーチスキルまでしっかりと学ぶことが出来ました。大学進学コースの先生は私の英語の誤りも丁寧に直してくれ本当に助かりました。現在はカナダのカレッジでホスピタリティーマネジメントを学んでおり、将来はカナダの大学へ編入予定です。(Hさん)
詳細 ILSCの学校情報

ELS ELS
キャンパス バンクーバー/トロント
学校サイズ 中規模校(1クラス平均10人前後)
入学日 毎月1回
レベル数 12レベル(1レベル4週間)
日本人率 バンクーバー校/13% トロント校/10%
カレッジ/
大学提携数
23校(カナダ国内の進学先)
特徴 カナダのバンクーバー・トロントにキャンパスをもつ中規模の語学学校です。大学進学準備プログラムに力を入れており、カナダでカレッジ・大学進学を目指す留学生がたくさん学んでいます。カレッジ・大学入学後に必要となる読み書きの勉強にも非常に力を入れており、大学進学準備プログラムを修了すると23校の提携カレッジ・大学から進学先を選ぶことができ、その中にはカナダでも有名なUBC(オカナガンキャンパス)も含まれています。バンクーバー校では日本人カウンセラーが常駐し進学アドバイスやカレッジ・大学への申請サポートも行っています。
パスウェイ受講者の声 ●ELSでは、カレッジや大学で必要とされるアカデミックなリーディングやライティングを学ぶことができます。特にエッセイの書き方や英文の速読の具体的な方法などは非常に役に立ちました。
また、進学の際の手続きなどもしっかりとサポートしてもらえたのは本当に良かったです。カレッジ進学の手続きはややこしいところもあり、学校のサポートがなければ失敗していたかも知れません。

●英語の基礎力からリーディング、ライティングまで非常に濃い勉強をすることができました。今では、カレッジで他の生徒や教授と話をするのも非常に楽になりました。また、ELSのカウンセラーさんは進学の際の申請書の書き方から、私の将来に合う学部のアドバイスなどもしてくださり本当に助かりました。
詳細 ELSの学校情報

SGIC SGIC
キャンパス バンクーバー/トロント
学校規模 中規模校
入学日 毎月
レベル数 7レベル
日本人率 バンクーバー校/15% トロント校/12%
カレッジ/
大学提携数
38校
パスウェイ受講者の声 ●エッセイの書き方について詳しく深いところまで学ぶことが出来ました。カレッジに行ったら様々なフォーマットでエッセイを書かなければいけません。SGICではカナダで主流なMLAとAPAの2つのフォーマットを徹底的に学びました。アカデミックスタイルのエッセイは私が想像していた以上に大変でかなりのチャレンジでしたが、何回も何回も書くことで自分のものにできたと思います。ARGUMENTエッセイやCAUSE-AND-EFFECTエッセイなど色々なエッセイに対応できるようになり、カレッジに行く準備ができつつあります。また多くのプレゼンテーションをクラスでやってきたので、人前でプレゼンをする勇気も身に付きました。

●SGICに決めた理由は、立地が良かったこと、教育の質が良いことに対してリーズナブルだったと、またスタッフの皆さんがすごく暖かく迎えてくれて優しかったので決めました。パートナーシップのカレッジ数も多いのでSGICのUCPPを通して様々なチャンスがあります。

●SGICではカレッジ進学を目指した学生向けに"UCPP保証プログラム"という制度があり、ESLの低いレベルから始まってもUCPPまで行けるので選びました。
詳細 SGICの学校情報

VGC VGC
キャンパス バンクーバー
学校規模 中規模校
入学日 月2回
レベル数 8レベル
日本人率 18%
カレッジ/
大学提携数
17校
パスウェイ受講者の声 ●Pathwayのコーディネーターの方がとても良い人ですごく親身に話を聞いてくれてとてもありがたかった。進学に関し色々な提案をしてくれてウェブサイトも一緒に見て相談にのってくれた 。(K.Mさん)

●VGCでパスウェイを受講し素晴らしい時間を過ごすことができました。この学校での経験は第二言語として英語やライティングを学ぶ以上のものです。またパスウェイプログラムは進学後のアカデミックな学習環境の準備に最適です。このプログラムを心からおすすめします。(D.Pさん)

●パスウェイでは大変でしたが自分の英語レベルを最大限引き上げてくれました。今は英語にも自信を持つことができ大学進学の準備も出来たと感じています。今後は自分の目標に向かって頑張っていきます(L.Sさん)。
詳細 VGCの学校情報

カナダ留学に関するご質問など、何でもお気軽にご相談ください。:Webからのお問い合せ・ご相談