150万円~200万円の留学費用でカナダ高校留学を実現する方法

Facebook Twitter

留学費用を抑えて
実現する
カナダ高校留学

カナダの高校留学費用はエリアによって全然違う

高校留学をご検討中のお客様の中には、英語圏の中でニュージーランドの高校留学は費用が安く、カナダの高校留学は少し高めというイメージを持たれている方もいらっしゃいます。

もしあなたが「カナダの高校留学は高いイメージがある」「高校留学の費用をできる限り安く抑えたい」というイメージをお持ちの場合、是非、このまま読み進めてください。

1:留学先によって大きく異なる留学費用

カナダは日本の約27倍の国土があり、各州にたくさんの教育委員会(公立高校)があります。各教育委員会は高校留学プログラムを独自に運営しているため、高校留学の費用は「どの教育委員会へ高校留学するか」により大きく異なります。

驚かれるかもしれませんが、カナダには年間150万円台で高校留学を実現できる学区もあれば、年間200万円程度に留学費用を抑えられる学区もあります。勿論、この費用には申請料・授業料・滞在先手配料・ホームステイ料・食費・医療保険・後見人手配料・空港送迎費用まで含まれています。

2:留学費用が安いエリア

日本同様、カナダも都市部や周辺エリアに比べて田舎エリアの方が人件費・不動産価格・物価が低いため、留学費用も安くなる傾向があります。地方の街と比べて東京や大阪の物価や人件費が高くなるのと同じです。

つまり留学費用を出来る限り抑えたい方は、カナダの田舎方面にある州や教育委員会を中心に留学先を検討することで、ご予算やそれ以外の条件にあう高校を見つけやすくなります。

カナダ高校留学とニュージーランド高校留学の費用比較

以下は、一般的に高校留学の費用が安いといわれているニュージーランドの高校留学とFSS-Osakaのカナダ高校留学の費用の比較です。ニュージーランド高校留学の費用は、過去に留学先をカナダとニュージーランドで迷われていた複数のお客様にご提供いただいた他社様のお見積りですが、これを見るとカナダの高校留学が決して高くないことが分かります。

ニュージーランド高校留学費用(初年度)

A社:約220万円
B社:約246万円
C社:約219万円
D社:約274万円

*入学金・授業料/10ヶ月
ホームステイ手配料・滞在費/10ヶ月
空港送迎・後見人手配・留学サポート費用含む

*NZD1=80円で算出の場合

*保険料金は別途必要(年間約22万円~)

カナダ高校留学費用(初年度)

カナダ公立高校:
約174万円~287万円

*入学金・授業料/10ヶ月
ホームステイ手配料・滞在費/10ヶ月
空港送迎・後見人手配・保険・留学サポート費用含む

*CAD1=84円で算出の場合

*医療保険費用含む(カナダの教育委員会が手配)

カナダ高校留学の費用が安い学区

前述の通りカナダの高校留学の費用は留学先の教育委員会により大きく異なり、留学先を賢く選択することで約150万円~200万円/1年留学に抑えることができます。これらの教育委員会は全てカナダの各州の政府から正式に認可を受けた公立の学区になり、高校の手配だけでなくホームステイ/3食個室・医療保険・後見人・空港送迎などの手配までまとめて行ってくれます。

また、世界中から留学生の受け入れを行っているカナダの高校では、留学生用の英語コース(ESL)も提供しており、そのコース費用も高校留学の費用に含まれています。以下は高校留学の費用を安く抑えることのできる各州の教育委員会の費用一覧になるのでご覧ください。

*カナダの高校留学費用の比較

教育委員会名 ノバスコシア ペンビナトレイルズ レッドディア パウエルリバー ライムストーン
ノバスコシア州 マニトバ州 アルバータ州 ブリティッシュコロンビア州 オンタリオ州
入学申請料 $425 $250 $250 $500 $200
高校授業料 $9,000 $11,000 $11,300 $13,300 $13,500
滞在先手配料 $0 $0 $500 $0 $400
ホームステイ
(3食/個室)
$8,000 $8,000 $9,300 $9,000 $8,500
保険 $900 $600 $600 授業料に含む $550
後見人手配料 $0 $0 $0 $0 $400
空港送迎 $0 $0 $0 $0 $0
アクティビティー 現地申込み 現地申込み 現地申込み 現地申込み $600
留学費用合計 $18,325
(152.1万円)
$19,800
(164.3万円)
$21,950
(182.2万円)
$22,800
(189.2万円)
$24,150
(200.4万円)

*CAD1=83円の場合

*高校留学費用以外に必要な出費

航空券/片道 10万円~15万円*渡航時期・渡航先・航空会社による
月々のお小遣い 1万円~1.5万円
月々の携帯電話+交通費 8千円~1万円
留学エージェントのサポート費用 留学エージェントにより大きく異なる

高校留学先は費用だけで決めるものではないですが、どの高校へ留学するかを考えるうえで大切な要素になるのは間違いありません。大切なのはイメージにとらわれずカナダの高校留学の正確な費用を把握することです。

高校留学は一生に一度の貴重な経験なのである一方、大きな費用が必要になるものなので、このような情報を把握しておくことは非常に重要です。

ちなみに同じ教育委員会内の高校であれば、どの学校に入学しても留学費用は変わりませんのでご安心ください。

留学エージェントのサポート費用を抑える

カナダ高校留学の費用を出来る限り節約するうえで、忘れてはならないのが留学エージェントのサポート費用です。頑張って予算にあう留学先を見つけても留学エージェントのサポート費用が高額であれば、節約した費用は無駄になってしまいます。

留学業界の傾向を見る限り、1年間の高校留学のサポート費用の相場は20万円台~30万円台です。一方で留学エージェントによっては60万円以上のサポート費用がかかる会社があるのも事実です。これは多くの広告費・人件費・事務所の賃料がかかる大手留学会社にみられる傾向です。料金に大きな差があると「高いほうが安心なのでは?」と考える方もいると思いますが、実際のところサポートの内容に大きな違いはありません。

親切な留学エージェントであればホームページに留学サポート費用やサポート内容の詳細をすべて記載しているので必ずチェックしてください。高校留学は多くの知識と経験を要する専門分野なので、費用だけでなく、実績や高校留学の提携校数もチェックしてください。

理想としてはカナダ留学を専門的に取り扱い、なおかつ、高校留学の実績が豊富なエージェントで留学費用がリーズナブルなエージェントを見つけられると良いです。

また、留学エージェント選びの失敗を防ぐためにも、できれば2社程度の留学エージェントに相談し対応や見積りの確認を行いましょう。

最初に相談した留学エージェントが対応も良く、料金やサポート内容にも納得がいく場合は別ですが、留学エージェント選びの失敗=お子様の高校留学の失敗に直結する場合があるのも事実です。リーズナブルな費用でカナダの高校留学を実現しつつ、安心できる留学エージェントに巡り合うための方法として覚えておきましょう。

過去の事例

元々、他社エージェント様を利用されていた卒業留学のお客様。留学サポートが想像していたものと違うということで、2年目からは弊社でサポートをさせていただくことになりました。最初に利用されていた留学エージェントのサポート費用をお伺いしたところ、弊社のサポート費用よりかなり高額であることが判明。

最終的にそのお客様のお子様が卒業するまでに50万円ほどの留学サポート費用をご節約いただくことができ、カナダの高校も無事に卒業されました。

カナダの高校留学が安心な理由

カナダは英語圏の国の中で英語の発音が世界で最も美しく、先進国の中でも教育の質、ライフクオリティ、女性の社会的地位が高いことで知られています。

多様な人々が平和に生活する国で異文化に対する敬意や尊重、LGBTの社会的認知も進んでいるため、これからの時代に必要な「多様性」を身に着けるのにも適した国と言われています。

  • 世界で最も住みやすい都市/世界1位
  • ライフクオリティの高い国/世界1位
  • 世界で最も美しい国/世界2位
  • 教育のクオリティが高い国/世界3位
  • 女性が暮らしやすい国/世界3位

まとめ

  • カナダの高校留学は教育委員会を賢く選ぶと費用を節約できる
  • 高校留学のサポート費用は20~30万円/年が相場
  • 高校留学は専門知識が豊富で実績のある留学エージェントを選ぶ
  • 複数の留学エージェントに相談しサポート費用やサポート内容をしっかり確認
  • カナダは綺麗な英語の発音の習得・多様な生き方について学ぶのに最適

同ページの作成者

森川篤史(FSS-Osaka代表)

アフリカ・南米での一人旅を経てオーストラリアに1年留学。カナダ生活3年。バンクーバーの工科大学BCIT卒業後、現地の語学学校勤務。2009年にFSSグループの日本支社FSS-Osakaを設立し現在に至る。

カナダ高校留学情報ページへ 今すぐメール・電話で無料相談してみる。	【Tel】072-320-2770 【e-mail】info@fss-osaka.com