カナダ高校留学の費用を賢く節約する方法

Facebook Twitter

安心お支払いシステム

安心お支払いシステムを提供する理由

企業の透明性が求められる現代、留学にかかる費用の面でも明瞭性を徹底し安心をお届けできるよう、FSS-Osakaでは以下の4つのモットーから安心お支払いシステムを採用しています。

  • お客様は本当の留学費用を知る権利がある
  • 留学費用は100%明朗であるべき
  • 留学費用は可能な限り節約できるほうがいい
  • 何があってもお客様の留学費用は守られるべき

安心お支払いシステムとは?

長期の高校留学のお客様ほど多くの費用を節約できるお支払いシステムになり、同じ公立高校へご留学の場合、年間で数万円~十数万円の留学費用を節約(他社比)いただけることもあります。また、カナダの教育機関が提示する本当の留学費用が100%明瞭で、どんな事態になってもお子様の高校留学は100%保証される、そんなお支払いシステムです。

一般的な留学エージェントの費用の流れ

  • お客様
  • 留学会社
  • カナダの学校

日本やカナダにある多くの留学会社の場合、授業料やホームステイ費用などの留学費用の流れは上の通りになります。入学申請後、留学エージェントはお客様へ請求書を発行しますが、この時、日々変動する為替レートにより損を出してはいけないので、その日の為替レートより約3円~8円ほど高いレートで皆様の請求書を作ります。

カナダの高校に1年間留学する場合、留学先の教育委員会(公立高校)に支払う費用の合計は約CAD18,000~CAD28,000になりますが、この費用をもとに計算した場合、知らない間に発生している払い過ぎ額は以下のようになります。

  • CAD1=3円増しで請求された場合
    約5.4~8.4万円の払い過ぎ
  • CAD1=5円増しで請求された場合
    約9~14万円の払い過ぎ
  • CAD1=8円増しで請求された場合
    約14.4~22.4万円の払い過ぎ

いかがでしょうか?
少し驚きの数字ではないでしょうか?

上の数字はカナダの公立高校に1年留学した場合の払い過ぎ額になりますが、卒業留学のお客様の場合は「上記の払い過ぎ額×留学年数分」の払い過ぎになります。また私立高校への留学の場合は、公立高校の1.5~2倍の費用がかかりますので、当然、払過ぎ額も公立高校に比べ大きくなります。

これだけの留学費用を賢く節約することができれば、航空券や留学用のノートパソコン・携帯電話の購入費用に充てることもできるので、お支払い方法によってこれだけ費用に差が出るということは知っておいて損はありません。

ちなみに、日本の銀行や郵便局からカナダへ送金をする場合、当日の為替レート+1.5円程度で計算されるのが一般的なので、留学エージェントのお見積りや請求書に記載されている為替レートが「当日の為替+1.5円程度」であれば全く問題ありません。

FSS-Osakaの安心すぎるお支払いシステム

  • お客様
  • カナダの学校

1:明朗会計

FSS-Osakaでは、カナダの学校が発行した請求書はそのままお客様にお渡しするため、本当の留学費用が100%明瞭です。また、カナダの学校から届いた請求書やお支払いのご案内は日本語で行うので、海外送金が初めての方でも安心してお手続きをいただけます。

2:お支払いは直接カナダの留学先へ

お客様のご利用銀行や郵便局からカナダの学校へ直接、ご留学費用を直接お支払いいただけます。お客様はその日の海外送金レートで費用を支払えるため、無駄な払い過ぎが一切発生せず、数万円~十数万円の費用を賢く節約いただけます。海外送金手続きのご案内はFSS-Osakaが日本語で行いますのでご安心ください。

3:領収書の取り寄せ

ご留学費用の着金まで確認を行うため、海外送金の完了後は、弊社より留学先へ海外送金の控えを送り領収書を取り寄せます。

4:安心保証

カナダの教育機関へご留学費用を直接お支払いいただいているため、FSS-Osakaに万が一のことがあってもお子様の高校留学は100%守られます

カナダ留学に関するご質問など、何でもお気軽にご相談ください。:Webからのお問い合せ・ご相談

カナダ留学に関するご質問など、何でもお気軽にご相談ください。:Webからのお問い合せ・ご相談