費用を抑えて就職に強くなれるカナダ留学

まずは、日本の教育・雇用の現状を把握

日本の大学が抱えるこれだけの問題/少子化による大学全入時代/私大3校に1校は赤字経営・47%は定員割れ/長く低迷する就職率/大卒者3人に1人は非正規雇用 しかし、ビジネスの世界では、社内公用語の英語化	国内企業の海外進出/外国人労働者積極採用による就職口の減少/英語でビジネスができる人材の不足 つまり、高い英語力・専門知識・国際経験もつ人材が就職・昇給でも有利になる構造に変化

これらの理由こそ近年、カナダのカレッジや大学への留学を検討される方が増えている最たる理由でもあります。

 

知っていますか?こんなにかかる日本の大学進学(初年度)

合計約308.7万円*4

*大学入学時の初年度納付金*1

  授業料 入学料 施設利用料 実習費 その他 総計
私立文系 ¥736,938 ¥256,378 ¥158,662 ¥12,143 ¥62,938 約122.7万円
私立理系 ¥1,037,190 ¥272,203 ¥190,416 ¥74,504 ¥67,317 約164.2万円
短大 ¥691,257 ¥253,122 ¥186,717 ¥46,699 ¥92,770 約127.1万円

自宅外通学をするための資金(アパート敷金・家具購入費等)平均49.3万円*2 さらに!!仕送り額は 年間平均95.2万円 月々7.9万円*3 約267.2万円(私立文系)/約308.7万円(私立理系)/約271.6万円(私立短大)こんなにかかります!

*1 文部科学省「私立大学等の平成21年度入学者に係わる学生納付金等調査結果について
*2 *3 日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果について」
*4=*1+*2+*3で算出

カナダのカレッジ・大学進学時の教育費(初年度)(1ドル75円の場合)

カナダのカレッジの場合 約211万円/カナダの大学の場合 約220万円 *入学費・授業料・施設利用料・ホームステイ費(1年)・教科書費・航空券・保険含む*カレッジ・大学へ直接留学の場合の費用です。 実はカナダカレッジ・大学留学の方が断然オトク!しかも カナダカレッジ・大学留学すると/企業が求める「英語力+専門知識+海外就労経験」をまとめて習得できる/卒業すると3年間の就労ビザ取得可能→海外就労経験を有給で積むことができる/在学中もアルバイトで生活費を稼げる(フルタイムの学生・6ヶ月経過後) まとめてみると!日本の短大・大学:日本の短大・大学■高い英語力の習得は期待できない■海外での就労経験は得られない■就職率の低下でやりたくない仕事に就職、又は就職すらままならないことも/カナダのカレッジ・大学■ビジネスで使える高い英語力が身につく!■実践的な専門スキルが身につく!■卒業後、カナダで最長3年の就労が可能!(2年生カレッジ、又は4年生大学卒業の場合)■世界中の企業から就職先を選べる自由 つまり、カナダのカレッジ、大学を卒業すると/少ない費用で将来の可能性が大きく広がる/好きな仕事を選べるチャンスが大きく広がる/日本の一流大学卒業者よりも必要な人材とされ、待遇面でも上回る可能性もあり 海外進学はもう留学ではありません。あなたのより良い将来のために今すぐご相談下さい。

 

今すぐメール・電話で無料相談してみる。	【Tel】072-320-2770 【e-mail】info@fss-osaka.com